伊豆の国市S様邸 Case2

上品な和風の坪庭が美しい 高低差を生かした森林と調和する外構

 家の新築工事に伴い、敷地内の外構工事を依頼されました。立地条件は、西側道路で、東側は森林、南側境界との高低差は7~8mといった条件でした。洋風な建物に対して、それにあうお庭を希望されましたが、その他に東側が森林なのでなるべく自然と同化した森の中のお庭をイメージしたプランを依頼されました。
 高低差のある敷地では、境界部に擁壁を設け盛土を行い、ある程度地盤を上げるのですが、今回はあえて擁壁を設けず自然なイメージを演出するために、東側は森林部の現況地盤に摺りつけ、南側も法面を設け現況地盤に摺りつけるようにしました。法面を設けると擁壁の場合に比べ、平場のスペースが狭くなりますが、それでも十分なスペースを確保できましたので、法面形状がより自然となるように適所にコブ設け、起伏を持たせることを心掛けました。
 また、当初より現場内に景石がありましたので、それらを処分せず、石積みとして再利用しました。それにより、東側森林と調和して自然な雰囲気を演出することが出来ました。
 建物南側スペースは、基本的には駐車スペースですが、ファサード部の修景として、レンガ塀を設け玄関に向かう階段も設けました。階段も斜めからの動線を確保し、洒落た感じで仕上がっております。
 敷地北側と東側一部は、坪庭としてのプランを依頼されました。施主様のお宅は、敷地が広く、高低差もある為、洋風な建物に対し、一部竹垣の様な和物を設置しても全く違和感がありません。そこで、坪庭となる外周部は人口竹垣を設け、外部の風景を遮断しました。その方が、和の雰囲気の演出により効果が出ます。坪庭スペースの中で重点(メインとなる場所)に水鉢、景石、蹲、植栽を配置し、ボリュームを出しました。
 土間は、鉄平石の延段と飛び石を配置し、伊勢砂利で化粧しました。 全体的なバランスを考慮して、道標灯篭や樹木を配置しましたが、シンプルで上品な坪庭となりました。施主様からも大変好評です。

Planning

Point

 要望として、玄関への入口は階段の他にスロープを設けたいとの事でしたので、階段東側に盛土をし、森林部と繋がるような感じで駐車場に向かう動線でスロープを設けました。
 スロープは石英石の乱貼りとし、洋風かつ自然な雰囲気となっております。敷地内の適所に樹木を植えましたが、周りの借景と調和した素晴らしい出来栄えです。 全体的に自然をイメージしたお庭となりました。

施工実績一覧
トップページ
デザイナーズブログ
不二軽窓グループでプラスワン ハウテックス 不二さん太陽光 ハウテックス

本社
〒417-0801
静岡県富士市大淵2463-10
TEL 0545-35-1470


清水営業所
〒424-0028
静岡県静岡市清水区下野東2-11
TEL 054-367-1470


不二軽窓沼津株式会社
〒411-0001
静岡県沼津市足高241-48
TEL 055-943-5557


御殿場営業所
〒411-0001
静岡県沼津市足高241-48
TEL 055-943-5588